読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸行道楽

自分が楽しんでやっていたことの細々した記録でした

市PTA 役員会

28年6月2日

夜に、市のPTAの役員会がありました。

市のPTAでは、わたしは学習委員長です。

市としてのPTAの活動に興味ないですが、我慢して参加です。

案件はシャンシャンと進み、あっという間に終わりそうだったので

せっかくだと思い、最後の交流の時間に手を挙げて発言しました。

市のPTAの役員の役職に「母親代表」という役職があるのですが

名前に違和感があるから上部団体に意見しといてくださいという

お願いでした。

女性参画を進める意図なら他に方法があるだろうし

LGBTなどの性の多様性を認める人権意識があれば

こんな役職名は変えるべきだと思ったからです。

しかし新参者ですし、偉そうに思われるのは不本意なので

かなり気を遣って「文句じゃないですよ」と念押ししました。

あんまり伝わってない感じでしたが、わかる人はわかるでしょう

という感じで、とりあえず投げかけておきました。

その後はすぐ終わるのかと思いきや、そこからが長かったです。

各学校のPTAで困っていることの交流が始まりました。

各校のPTAが交流するのは、こういうことが目的なのかと

ようやく理解できました。

自分の子どもの学校のPTAは上手く機能しているのですが

上手く機能していないPTAの方が多いようで

相談をされた方にとっては、助言をもらったりして有意義な感じでした。

わたしは困ってないし、そもそもPTA活動にあまり意欲もないですが

助言し合うのはステキだなと感じました。

でも飲み会は不参加で帰りました。